親知らずについて

親知らずレントゲン

親知らずとは大臼歯(大人の奥歯)の中で一番後ろに位置する第3大臼歯

智歯とも呼ばれ、20歳前後で生えてくることが多く、個人差があります。歯ぐきに埋まったまま生えないことや生まれつき親知らずが存在しない場合もあります。

親知らずによる痛みの原因

親知らずが横や斜めに生えてきたり、歯ぐきがかぶっていることがあります。そのため、親知らずの周囲には細菌が残りやすく、以下のようなトラブルを起こし、痛みの原因になります。

  • 隣の歯がむし歯になる
  • 親知らずの周りの歯ぐきが腫れる(智歯周囲炎)
  • 生えてきた親知らずが、頬や歯ぐきの粘膜を傷つけ口内炎をつくる
  • 親知らずがかみ合わせに影響を与え、顎関節症になる
  • 歯が押されえて歯並びが変わってしまう
親知らずによる痛み

親知らずの保存・抜歯について

親知らず(第3代臼歯)の一つ手前の歯(第2大臼歯)は、かみ合わせに重要な歯です。
親知らずが周囲に悪影響をもたらしている場合は、早めの抜歯をおすすめしています。

  • 第2臼歯が親知らずのために、虫歯や歯周病が進行している場合や、将来的にそのリスクが高い場合
  • 第2臼歯の歯の根に、親知らずが当たっている
  • 親知らず自体が虫歯になっている
  • 親知らずの周辺が歯周病のために、よく腫れてしまう

親知らずの抜歯は当院にお任せください

親知らずはまれに、隣の歯を圧迫するような生え方で成長することがあります。
また、親知らずが虫歯になるケースも多いため、抜歯の必要があると判断した場合には抜歯を行います。親知らずの状態は事前にしっかりと診断を行い、診断結果と治療方法は丁寧に説明いたします。
抜歯が必要なケースでは、ご納得いただけるまで処置内容についてご説明して、抜歯の際は痛くならないように細心の注意を払います。抜歯にリスクがある場合は、対応が可能な病院をご紹介し、適切な治療が受けられるように連携をおこなっています。

診療のご予約はこちら

歯医者が苦手な方や、より健康な歯を目指している方は
小田原市浜町1丁目の歯科医院「小田原歯科診療所」にご相談ください。
当院では「患者さんへのご負担が少ない治療」を心掛けています。