セラミック・ジルコニア治療について

セラミック治療イメージ女性

詰め物やかぶせ物に、セラミックという素材を使った歯科治療です

白くてきれいな歯を作ることができる「セラミック」を使用した治療をおこなっています。

当院では、セラミックを使用した軽度の歯列矯正や歯を半永久的に白くするかぶせ物、銀歯などの詰め物を交換するなど、さまざまな治療をおこなっています。見た目にも自然な仕上がりになるだけでなく、セラミックは接着剤との接合性に優れているので「二次カリエス」の予防効果が高まります。

*二次カリエス:虫歯治療をおこなった歯が再び虫歯になること

美しく健康な歯をご要望に合わせて、適切な材料をお選びします

  • 笑うと銀歯が見えて気になる
  • 歯や歯ぐきの色が気になる
  • 笑顔に自信を持ちたい
  • 金属アレルギーである

このようなお悩みを抱えている方に、おすすめする治療がセラミック・ジルコニア治療です。

最適なプランをご提案します

白い歯のかぶせ物や詰め物を用いた「軽度の歯列矯正」や「銀歯などの詰め物を交換する」など、さまざまな治療が可能です。
セラミックは変色しにくく、辺縁まで精密な加工が可能という特徴があるため、虫歯再発などの再治療リスクが軽減されます。
当院では、美しく健康な歯で長く過ごしていただくために、セラミック治療をおすすめしています。患者さんのご要望をじっくりお聴きした上で、最適なプランをご提案します。

材料別の歯のサンプルなどもご用意して、メリット・デメリットについてもしっかり説明いたします

歯の模型
材料別の歯のサンプル

詰め物(インレー・アンレー)・かぶせ物(クラウン)について

虫歯が進行してしまった場合は、歯を削って治療しなければならないことがあります。削ってしまった歯には詰め物(インレー・アンレー)をする、冠(クラウン)をかぶせるなどの処置を行います。

また、歯の欠損が大きい場合には、冠をかぶせるための土台(コア)を作ることもあります。詰め物やかぶせ物には金合金・銀合金といった金属製の物や、樹脂材やセラミック材の物があります。


当院では金属を使用しないメタルフリー治療=セラミック治療をおすすめしています。

インレー

虫歯などで歯を削った部分を埋める「詰め物」のことです。

アンレー

インレーと同じく、歯の切削部分を埋める詰め物ですが、歯冠の大部分を占めるような大きな範囲での「詰め物」のことです。

クラウン

もとの歯をすっぽりと覆うような「かぶせ物」のことを指します。

セラミック治療における修復用の材料

ジルコニア・セラミッククラウン

ジルコニアとは酸化ジルコニアを安定化させたセラミックで、宝飾品として知られているキュービック・ジルコニアとほぼ同じ成分でできている人工ダイヤモンドです。
通常は透明ですが、歯科用に白く加工したものが骨組として使われています。金属は一切使われていません。高精度コンピューター機械により削り出しを行うので適合は抜群です。

強度・耐久性・生体親和性・審美性すべてにおいて、とても優れている材質で長期にわたり安定してお口の中のすべての部位で使用できます。
※自費診療(保険適用外)となります。

メリット

  • 金属を使用していないので透明感があり、歯ぐきが黒くならない
  • ブリッジやインプラントの歯にも使用できる
  • 審美面を重視した治療ができる
  • 歯と硬さが近いため、割れにくい・破折しにくい

デメリット

  • 自費診療のため費用がかかる

オールセラミック

セラミック骨組に硬質セラミックが使われています。ジルコニア同様にコンピューター制御により削り出しを行うので適合が抜群です。
強度・耐久性はジルコニアより劣るため、歯ぎしりやかみ合わせの強い方の奥歯にはおすすめできません。

主に前歯や小臼歯に使用します。生体親和性・審美性に優れています。
※自費診療(保険適用外)となります。

メリット

  • ジルコニアと比較して強度は劣りますが、審美性は抜群
  • 金属を使用していないので透明感があり、歯ぐきが黒くならない

デメリット

  • 自費診療のため費用がかかる
  • ブリッジとインプラントには使用できない

ハイブリッドセラミック

一般にはハイブリッドセラミックといわれていますが、この素材はセラミックではありません。硬質の樹脂(プラスチック)が素材です。セラミックより低価格で、白くできることから頻繁に使用されています。審美的にはとても良い材質できれいに仕上がりますが、プラスチックは水分を吸収する材質のため、経年的に黄色く変色が生じてきます。
また、柔らかい材質なので摩耗が早く、奥歯などのかみ合わせが重視される歯に使用した場合には、3~5年で交換をおすすめします。
※自費診療(保険適用外)となります。

メリット

  • セラミックより低価格
  • 審美的にはとても良い材質できれいに仕上がる

デメリット

  • 強度はセラミックと比較して劣る
  • 経年的に変色が生じる
  • 摩耗(減り)が早い
  • インプラントやブリッジには使用できない
  • 前歯にはあまりおすすめできない

ファイバーコア

神経を取ってしまった歯はコアという土台(心棒)を歯の根の中に立てる必要があります。保険診療の場合には銀の合金を使用します。自費診療の場合にはパラジウム合金や金合金が使用されてきましたが、それらを使用した場合は接着後に内側で金属が錆びて抜け落ちたり、2次的な虫歯が生じるリスクがあります。
また、金合金は錆びませんが、歯よりも硬い素材なので歯根が破折してしまうことがあります。歯根が折れてしまうと、その歯の保存は不可能です。
最近ではグラスファイバーを用いた土台が開発され、金属の土台の欠点を補うことが可能になりました。グラスファイバーは身近なものでは釣竿に使用されています。弾性があり本来の歯の弾性に近い材質で錆びません。周りを強化プラスチックで覆い土台として使用します。

自費診療を行う場合は、既存の金属のコアをファイバーコアなどに交換することをおすすめします。

ファイバーコア

メリット

  • 金属の物に比べ、錆びたり抜け落ちる心配がない

デメリット

  • 自費診療のため費用がかかる

診療のご予約はこちら

歯医者が苦手な方や、より健康な歯を目指している方は
小田原市浜町1丁目の歯科医院「小田原歯科診療所」にご相談ください。
当院では「患者さんへのご負担が少ない治療」を心掛けています。