歯周病治療について

歯周病治療イメージ男性

歯周病は「国民の生活習慣病」ともいわれています

歯を失う二大原因は虫歯と歯周病です。しかも残った歯が少なくなるにつれて歯周病で失われる歯が多くなります。

歯のぐらつきや口臭・歯ぐきの腫れ、ブラッシング時の出血などが見られたら、それは歯周病が進行しているサインです。自覚症状が現れたら、自己判断をせずに歯科医師にご相談ください。

こんな症状はありませんか?

  • 歯ぐきが腫れて痛い
  • 歯ぐきから血がでる
  • 歯がぐらついて食べ物がよくかめない
  • 口臭がある

このような症状で来院された方の大半が歯周病です。できるだけ早く歯科医院での診察をおすすめします。

歯周病とは

歯周病は、歯周病菌など細菌の感染によって歯ぐきや骨に炎症を起こす病気です。
さらに、歯の奥まで炎症が広がると、歯を支える土台である歯槽骨が破壊され、放置していると歯が抜け落ちてしまうこともある病気です。
恐ろしいことに歯周病は発症しても痛みがないため、自覚症状のないまま進行します。気付いた頃には、歯周病がかなり進行してしまっているケースもあります。

歯周病と全身疾患との関わり

歯周病を放っておくと歯周病菌などの細菌が出す物質によって、心臓病や糖尿病・肺炎や口腔癌、妊娠している場合は生まれてくる子どもにも影響を与えることが分かってきました。

  • 脳血管疾患
  • 動脈硬化
  • 心臓疾患
  • ピロリ菌感染胃疾患
  • 骨粗鬆症
  • 誤嚥性肺炎
  • 糖尿病
  • 肥満
  • 早期低体重児出産

歯周病の原因

歯周病は歯周病菌という細菌によりもたらされる感染症ですが、歯周病菌は酸素に弱いため酸素の少ない歯垢(プラーク)の中や歯と歯ぐきの間、いわゆる歯周ポケット内で繁殖します。歯周病菌は、細菌が作り出す保護膜であるバイオフィルムに守られながら歯周ポケットを拡大し、歯の根元方向へと繁殖、やがて骨に達して炎症を引き起こします。

歯垢(プラーク)

プラークとは、歯と歯ぐきの間にたまる乳白色の粘性のある物で細菌の塊です。プラーク1mg中には10億ほどの細菌が存在するといわれています。この中に虫歯や歯周病の原因となる細菌がひしめいているのです。

バイオフィルム

バイオフィルムは、細菌の塊であるプラークの強固な集合体です。時間の経過とともに、バイオフィルムへと変化します。殺菌作用のある唾液を寄せ付けず、虫歯や歯周病を進行させます。

歯周ポケット

歯周病の状態の指標として広く用いられているのが歯周ポケットです。健康な状態でも歯と歯ぐきには1~3mmのすき間があり、歯ぐきに炎症が起きて腫れると深くなり、歯周ポケットと呼ぶようになります。
基本的に4mm以上から歯周病とされ、成人のほぼ半数が4mm以上の歯周ポケットを持つというデータもあります。

歯周病の進行

歯肉炎では歯ぐきが、たまに腫れる、赤く充血する、歯ブラシに血がにじむ程度です。初期の歯周炎になると、歯周ポケットができ、歯周組織の破壊が始まります。中期歯周炎になると、歯ぐきがやせたりブヨブヨになる、食べ物が歯にはさまりやすくなる、口臭がする、硬いものが噛みにくくなる……といった自覚症状が現れます。やがて末期の歯周炎になると、歯槽骨がほとんどなくなり歯の根が露出し、最後は歯が抜け落ちます。

歯周病の進行

健康な状態

  • 歯と歯ぐきのすき間(ポケット)がない
  • 歯ぐきが引き締まっている
STAGE

軽度歯周病

  • 歯ぐきが赤く腫れあがる
  • 歯を磨いたり、かたい物を食べると出血する
STAGE
1

中度歯周病

  • ポケットの炎症が慢性化して骨が溶け始める
  • 口臭もあり、歯が浮いたような感じがする
  • 歯がぐらつく
STAGE
2

重度歯周病

  • 歯根を支えている骨がほとんど溶けてしまう
  • 歯根が露出し、歯のぐらつきがひどくなる
STAGE
3

歯周病治療

日頃から予防をしていれば、歯周病になる可能性は低くなるといわれています。しかし近年では成人の大半が歯周病になっているという報告もあり、その理由としては歯みがきがうまくできていないことが挙げられます。
また「歯ぎしり」やご自身の「かみ合わせ」も歯周病に大きく関係しています。

診査・診断

プロービング

プローブという器具を使って、歯周ポケットの深さを確認します。
歯周ポケットが深くなると外科的な処置が必要になります。

プロービング

レントゲン診査

歯槽骨(顎の骨)の状態を確認します。

お口の中の清掃状況を確認

歯垢(プラーク)や歯石の付着具合を確認します。

喫煙の確認

喫煙されている方には1日に吸うたばこの本数や喫煙歴などについて問診します。

全身疾患などについての問診

糖尿病など歯周病に関連する全身疾患の有無や既往について問診します。

歯周病の間接的要因について

  • 口腔内の環境:歯石・不適合な冠(クラウン)・歯並び・かみ合わせ、など
  • 生活習慣など:ストレス・睡眠不足・運動不足・喫煙・食習慣・歯みがきの習慣、など

歯周病は「口腔内の環境」や「生活習慣」にも間接的な原因があるとされています。

初期治療

歯肉炎や歯周病と診断された場合は、次のような歯周基本治療を行います。

当院では歯周病に対する知識を深めていただくために、歯周病の原因や予防方法に対してしっかりとご説明いたします。

歯周病は予防することが重要ですが、歯周病になってしまった場合には丁寧に治療を行います。歯周病治療で最も大切なことは、歯周病菌の除去です。歯科医院での治療に合わせ、正しいブラッシングで歯周病菌の塊である歯垢(プラーク)をしっかり取り除きましょう。

ブラッシング指導

正しいセルフケアができるように、適切な歯の磨き方、歯ブラシの選び方やデンタルフロスの使い方などをお伝えしています。セルフケアの質を高めることは、将来的に歯の寿命を延伸させる上で最も重要です。

歯みがき指導

SRP(歯石除去)

歯石とは歯垢(プラーク)が石灰化してかたくなったものです。セルフケアでは除去できないため、専用の器具で取り除きます。歯石除去の最も基本的な処置「スケーリング」「ルートプレーニング」は頭文字をとって「SRP」と略され、治療の際には一連の作業として行われます。

スケーリング(scaling)

「スケーラー」という専用器具を使い、歯根表面のプラーク・歯石などを除去する処置。

ルートプレーニング(root planing)

歯周ポケット内部のプラークや歯根表面の汚染されたセメント質を除去し、歯の根を滑らかに研磨する処置。

補綴物(ほてつぶつ)のチェック

補綴物(詰め物・かぶせ物)が歯に合っていないと段差やギャップができ、プラークや歯石が付着しやすくなります。補綴物のチェックを行い、問題がある場合は段差などをなくすための調整や補綴物を新しく作り直すなどの治療をご提案いたします。

かみ合わせのチェック

かみ合わせが悪く、一部の歯に大きな負担がかかると歯周病が悪化することがあります。その場合は、かみ合わせの調整を行う治療をご提案いたします。

再評価(初期治療後)

歯周基本治療を行なった後に状態をチェックして、再度、歯周ポケットの深さを測ります。清掃状態や歯ぐきの状態が良好で、歯周ポケットの深さが浅くなればメンテナンスに移ります。清掃状態などが良好であるにもかかわらず、ポケットが深い場合は「歯周外科治療」を行うことになります。

歯周外科治療

歯周基本治療で歯周ポケットが改善しない場合には、外科的な治療が必要になります。歯ぐきを切開し、歯根を露出させて歯根に付着した歯石や汚れを除去します。歯周外科治療後は再評価を行い、改善されていればメンテナンスに移ります。

メンテナンス

治療後は再発を防ぐために定期的なメンテナンスを実施します。メンテナンスの頻度は通常2~3カ月に一度ですが、患者さんの清掃状態や歯周病の度合いにより異なります。

歯周病危険度チェック

歯周病は、初期の段階では自覚症状が少ない疾患です。
少しでも不安を感じたら、ご自身で「歯周病危険度チェック」をしてみましょう。
4つ以上当てはまるようでしたら、歯周病の恐れがあります。
「もしかして歯周病かも?」と思ったら、早めに歯科医院を受診することが大切です。

No.項目判定
01朝起きた時、口の中がネバネバする
02口臭が気になる
03歯みがきは1分以内、1日1回未満である
04タバコを吸う
05何か気になるところがないと歯科医院には行かない
06ストレスをためこんでいる
07歯が長くなった気がする
08食べ物がはさまりやすくなった(歯と歯の間に隙間ができた)
09歯ぐきを押すと白い膿が出る
10歯みがきをすると出血することがある
11歯ぐきが腫れている
12指で押すとグラグラと動く歯がある
13糖尿病と医者から言われた

チェックによる判定

10個以上
ご自身でも歯周病を自覚しているはずです。早期に治療を受けましょう。

7から9個
歯周病がかなり進行している恐れがあります。すぐに検査をすることをおすすめします。

4から6個
軽度の歯肉炎・歯周炎の可能性があります。放置すると中・重度へと進行してしまいます。一度歯科医院でしっかり検査しましょう。

1から3個
軽い歯周炎の可能性があります。歯の磨き方を見直してみましょう。

0個
今のところ歯周病の心配はありません。定期的に歯科医院に通って歯石の除去など、予防を続けていきましょう。

※あくまでも目安ですので、定期的な検診は欠かせません。

診療のご予約はこちら

歯医者が苦手な方や、より健康な歯を目指している方は
小田原市浜町1丁目の歯科医院「小田原歯科診療所」にご相談ください。
当院では「患者さんへのご負担が少ない治療」を心掛けています。